マンションを貸したい、こうして希望を叶えオーナーになりました

面会を行って話をする事はとても大切

ちなみに、敷金や礼金を家賃の2か月分にした理由は海外赴任を終えた後、帰国した際にリノベーション費用に充当したかったためです。
事前に帰国を伝えれば入居者に話をして退去して貰う事も可能になるなど、海外赴任中限定ではありますが、オーナーと言う形で部屋を貸す事が出来ました。
入居者が見つかった時には、支払い能力の有無や信頼出来る人であるのかなど審査を行う事を不動産会社の担当者から聞きました。
自分達は審査出来るような知識などがなかったので、審査についてはすべて不動産会社の担当者に一任をしたのです。
しかし、入居希望者からの要望で、面会を希望されていたので不動産会社での面会を行い、雑談などを交えての交流を持つ事が出来ました。
後から思いましたが、どんな人が部屋を利用しているのかを知らないよりも、実際に面会を行って話をする事はとても大切な事だと感じたのです。
もし、面会せずに部屋を貸していたら、部屋の中を汚されていないかなど不安もありましたでしょうし、日本に帰国するタイミングも殆どなかったので面会出来て良かったと思います。

マンション購入して約2年で海外赴任決定 / 入居希望者も比較的早いタイミングで見つけて貰えた / 面会を行って話をする事はとても大切

マンション 貸したい住友不動産建物サービス